VEIN / SS20

 熊谷和幸が手掛けるブランド「アタッチメント(ATTACHMENT)」から、メンズの新ブランド「ヴェイン(VEIN)」が2020年春夏シーズンにデビューする。

VEIN
 ヴェインのデザイナーは、アタッチメントや「アンダーカバー(UNDERCOVER)」などでアシスタントデザイナーとして経験を積んだ榎本光希。全体像からではなく細部からスケッチしていくという建築家ジャン・プルーヴェ(Jean Prouve)のディテールを追求したデザイン哲学に影響を受けているという。ヴェインでは「structural expressionism(=構造表現主義)」をコンセプトに服の構造自体をデザインと捉え、ミニマルで力強いコレクションを発表していく。

引用:FASHIONSNAP.COM

CORTO MOLTEDO

Corto Moltedoコルトモルテド
ブランドのはじまり

2004年、ガブリエレ・コルト・モルテドが自身の名を冠したブランド「コルトモルテド(Corto Moltedo)」を設立
コルトモルテドについて
ガブリエレ・コルト・モルテドは1977年、アメリカニューヨーク生まれ。ガブリエレ・コルト・モルテドはボッテガ ヴェネタの創始者であるモルテド夫妻の息子。両親のブランドの関係もあり、幼少期からヴェネチアの郊外、パリ、ニューヨークと3ヶ国を転々する。また両親がバッグブランドを経営していたため、美しく、職人的なバッグを作ることを、自然と覚える。
ニューヨーク大学では美術史を専攻。その後、ボストンのエマーソン大学でコミュニケーションを専攻し大学院を卒業。
その後、パリにアトリエを設立して、ラグジュアリーバッグのブランド設立の準備を進める。そして2004年、両親が過去にたどった道と同じように、自身のバッグブランド「コルト・モルテド」を設立。
デザインをパリで行い、素材などの研究開発、生産はイタリアのフィレンツェで行う。もともと両親の影響を受けつつ、バック製品の知識(職人的な要素)は教わっており、それをベースに最新のファッションを取り入れる。ポップな要素とシックな要素を持ち合わせ、かつ高級感がある点が特徴。ファッション誌のエディタなどからバッグのシリーズ、プリシラがヒットを飛ばす。
2008S/Sコレクションにてメンズラインを発表。2009年、パリのパレロワイヤルに初の旗艦店をオープン。
コルト・モルテドのバッグのデザインは、年齢などに左右されないデザインから、オノ・ヨーコ、リンゼー・ローハン、アンジェリカ・ヒューストン、シエナ・ミラーと幅広い世代に顧客を持つ。

PLAN C / SS20



PLAN C

プラン シー(Plan C)はイタリア発のウィメンズファッションブランド。

アイテムは全てイタリアで生産。ウェア、ニット、アクセサリーなど幅広いアイテムを展開予定。装いは、エレガントで洗練された美意識をキーワードに、カロリーナのビジョンを投影。モダンなワードローブを通して自己表現したいと願う女性たちに向けて発信している。

プラン シーの沿革・歴史

マルニ創業デザイナーのコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)の娘・カロリーナ・カスティリオーニ(Carolina Castiglioni)が、クリエイティブ・ディレクターとして、2019年春夏コレクションよりスタート。カロリーナ・カスティリオーニは、マルニのスペシャルプロジェクトディレクターを経験した人物。プラン シーにて、クリエイティブ・ディレクターデビューする。

ファーストコレクションは、2019年6月に発表される2019年春夏コレクション。

引用;ファッションプレス

ALIITA / SS20


ALIITA/アリータ
「マルニ」の創業者、コンスエロ・カスティリオーニの義娘であるシンシア・ヴィルチェス・カスティリオーニがデザイナーを務める「ALIITA (アリータ)」。ブランド名は、シンシアが育った土地、ベネズエラ・スリア州の土着民族であるグアヒロの言語、ワユで“大切なもの”を意味し、製品にはシンシアの母国語であるスペイン語でひとつひとつ名前が付けられている。ハウスや封筒、バケツ、シュノーケルなど、日常を取り巻くさまざまなモチーフが登場する「アリータ」のコレクション。ピュアなラインでスムーズに描かれたモチーフは、アイロニックなタッチとともに情緒的な表情をまとっている。

引用; ELLE.JP

*CAMARA BRIILLANTE, *CASITA BRILLANTE, *CORAZON BRILLANTE, *CARTA BRILLANTE, *DINO BRILLANTE,

( 9kt yellow gold – white diamond / ¥54,000 + tax )

MONTMARTER NEW TORK

 ニューヨーク発のスカーフブランド「モンマルトル ニューヨーク(MONTMARTRE NEW YORK)」が、初のウェアを発表。

 2017年にスタートした同ブランドは、アントワープ王立芸術アカデミーやパーソンズ美術大学でファッションデザインを学び、トップストリートブランドで経験を積んだヤギ・ユウキ(Yuki Yagi)と、「ナイキ(NIKE)」ニューヨークの現役デジタルプロデューサー ヘイリー・シャンポー(Hayley Champoux)によるスカーフブランド。ヤギはパキスタンで目の当たりにした地雷被害や、自身が育ったニューヨークの貧困問題に影響を受けており、これはデザインにも反映されている。各スカーフは般若や風神雷神図、スクランブル交差点などのインパクトのあるグラフィックと、スーダンの内戦やベルリンのLGBTコミュニティが集まったシェーネベルク地区、アメリカの社会問題を訴えるグラフィックが掛け合わさったデザイン。価格はロングスカーフが1万8,000円、ショートスカーフが1万5,000円で、売り上げの一部はパキスタンの恵まれない子ども達を救うプロジェクト「Help Save Children in Pakistan /Save the Children」や、ミャンマーで激化した暴力から逃れるためにバングラデシュに逃れたロヒンギャ難民を支援する「Help Rohingya Children Escaping Violence in Myanmar / unicef」など毎シーズンヤギらが選んだ団体に寄付されるという。これまでは公式オンラインサイトのみで販売していたが、2019年10月から店舗での取り扱いをスタートさせる。

 ブランド初となるアパレルアイテムでは、映画「スタンド・バイ・ミー」への出演でも知られ、薬物の過剰摂取で急逝した俳優リヴァー・フェニックス(River Phoenix)の写真をアレンジしたグラフィックに「DISILLUSION」の文字をデザインしたスウェット(1万9,000円)とTシャツ(7,200円)に加え、「breathe in breathe out」の文字をプリントしたフーディー(2万1,000円)や、ヤギによるイラストをプリントしたTシャツ(7,200円/全て税別)など全6型を展開する。

MONTMARTRE NEW YORK:公式サイト

引用:FASHIONSNAP.COM

Children Of The Discordance

Children Of The Discordance (チルドレン・オブ・ザ・ディスコーダンス)
childrenofthediscordance.com

Designer : 志鎌 英明 / HIDEAKI SHIKAMA

Discordanceとは不調和を意味します。

小さい頃から他の人と同じ服を着たくない、自分だけの曲を流したいというマインドで、今もその熱量は変わりません。

我々にしか作れない1着を常に考えています。

10歳からのパーソナルコレクションと様々な国での影響。

音楽や民族文化。

ヒップホップやハードコアカルチャーからの影響を通じて、フェアトレードにも積極的に取り組んでいます。

デザイナーの経験してきたパーソナルデータと現代の空気感。

それをアップデートを繰り返し,生まれるのがChildren Of The Discordance のコレクションです。

引用;deepinsideinc.com

2011SS 展示会形式で発表
2013SS メキシコのサパティスタ・パレスチナのHirbawi Textile Factoryとフェアトレードのアイテム製作を開始
2013AW New Yorkで発表を開始
2016AW Parisで発表の場を移す
2017 TOKYO FASHION AWARD受賞

Chika Kisada / SS20

ブランドのはじまり

2014年、幾左田千佳がスタート。

チカ キサダについて

「チカ キサダ(Chika Kisada)」は日本のレディースブランド。レキサミ(REKISAMI)のデザイナー幾左田千佳が立ち上げた。

バレエのエレガンス、パンクの生命力。その儚さと強さ、相反するイメージの融合から生まれる「強いエレガンス」がコンセプト。仕草や動きにともなって漂う人間の美しさの移ろいと存在感を追求したシグネチャーライン。都市で生き、動き続ける、新しい上質さを求める女性たちのための服。

■デザイナーについて
デザイナーの幾左田千佳(Chika Kisada)は、幼少期より学んだクラシックバレエを通じ、コンクール等で成績を収め、様々な舞台に参加。バレリーナとしての公演活動等を経て舞台芸術の創作に携わる。これまで培った経験を活かし、2007年、レキサミを立ち上げる。2014年、チカ キサダ(Chika Kisada)をスタート。バレエと音楽、都市の空気をインスピーショに、強く生きる女性のための服を制作している。

■歴史
2007年、「レキサミ(REKISAMI)」を立ち上げる。
2013年、バレエブランド「BLOCH」とのコラボレーションでシューズを製作。以後 3 シーズン継続して発表を続ける。
2014年、デザイナーの価値観をより強く反映したシグネチャーライン「チカ キサダ(Chika Kisada)」を立ち上げる。
2016年、バレエ、ヨガウェアーブランドの「DANSKIN」(GOLDWIN INC.)との 2016年カプセルコレクションの企画・ディレクションを監修。

引用;ファッションプレス

QUEENE AND BELL

“Power Cashmere Wrap”

COLOUR: Flannel Multi
FABRIC: 100% Cashmere
Made in Hawick, Scotland
SHAPE: Wrap
SIZES: (OSO)
SIZE GUIDE: One Size Only
Width: 71cm Length: 182cm

詳細は、店頭にてお問い合わせ下さいませ。TEL 096-323-1809

MARTIN GRANT

MARTIN GRANT / COLLARLESS ROLL SLEEVE MIDI DRESS

RED STRIPES COTTON 100%/ 160,000 + tax

*他、無地ネイビーDRESS / 92000 +tax

オーストラリア出身のデザイナー、マーティン・グラントのブランド。1966年、メルボルン生まれ。1982年に自身のコレクションをスタート。1988年、コアントロー・ヤング・デザイナー・アワードを受賞し、業界の注目を集める。その後、一時活動を休止し、ヴィクトリア・カレッジ・オブ・アーツにて4年間彫刻を学ぶ。

1990年にイギリスに渡り、コージ タツノのもとでビスポーク・テーラリングを学ぶ。2年後、パリの古い病院を改修してアトリエを開き、同時に自身のコレクションをスタート。わずか20点ほどのコレクションにも関わらず、すぐにオーストラリア、日本、イギリス、アメリカなどから注文が入り完売。1996年、パリに最初のブティックをオープンした。マーティンは、自分の世界観を大切にし、既存のファッション業界の仕組みとは距離を置いている。大々的なPRなどはせずに、コレクションの発表もごく少数の顧客に向けて行う手法を取っている。

常にビスポーク・テーラリングが中心にあり、細部までこだわったシンプルなシルエットは、流行に左右されない。身体の線に沿ったフォルムは幾何学的で、彫刻的とさえ言える。

(VOGUE JAPAN)より

CO


CO  main / ORIGAMI DRESS

PINK

COTTON 100% /  ¥87、000 + tax

*張り感のあるコットン、美しい光沢のある綺麗な生地、両サイドポケッ付、お袖は肘が隠れる長さ。シンプルながら存在感があります。ウエスト部分ひも調節。

*モデルの着用画像は、丈やフィットのご参考までに。

ALANUI




2016年秋冬、ニコロとカルロッタ・オッディ兄弟が「アラヌイ(ALANUI)」をイタリアで設立。

アラヌイについて

アラヌイ(ALANUI)は、イタリアを拠点とするファッションブランド。

兄弟であるニコロとカルロッタ・オッディが立ち上げた。ニコロとカルロッタ・オッディは共にイタリア生まれ。

メンズ&ウィメンズともに展開している。

原点となるのは、ラグジュアリーな素材から生まれた感情を帯びた服。

そして、着用感とともに旅をするような、経験を記録する服。

1点の服ごとにフォーカスし、それを様々なパターンで展開。最高級の素材と職人技によって、

現代の消費する服とは真逆の考え方で服を創作。

優れた職人技でのみ実現可能な色、ジャカード、インターシャ、刺繍などの組み合わせを特徴とする。

fashionpress[ファッションプレス]より
公式サイト
https://alanui.it/

ATON

biancabrillante
@aton_tokyo
『SUVIN COTTON』

インドの綿花をひとつひとつ丁寧に手摘みをし、和歌山にて編み立てた『SUVIN COTTON』。
油分が失われることなく、繊維に傷がついていないため、薬剤など化学的な加工を一切行わずに光沢のある美しい生地をつくることができます。
また、白度の高さも特徴である『SUVIN COTTON』は、染料の食いつきも良く脱色しにくいという特徴もあります。



( ¥12.000 + tax )
*標準サイズでもゆとりのあるシルエット。
*男性が着用してもモードな印象で着こなせます。

MANSUR GAVRIEL

写真 2019-04-05 15 31 10

#Repost @mansurgavriel
・・・
Founders Rachel Mansur and Floriana Gavriel,
2013, the year MG was launched. MG is a female
led company, with beautiful products made for women by women ハートマーク️Happy
#internationalwomensday to all!

創設者レイチェル・マンサーとフローリア・ガブリエル。2013年にマンサーガブリエルが設立されました。
MG(マンサーガブリエル)は女性の led conpanyで、女性のための女性のために作られた美しい製品を作っています。

 

 

MANSUR GAVRIEL

写真 2019-04-05 14 46 32写真 2019-04-05 14 44 31写真 2019-04-05 14 55 21写真 2019-04-05 14 54 33

MANSUR GAVRIEL (マンサーガブリエル)】
テキスタイルを学んだRACHEL MANSURとファッションデザインを学んだFLORIANA GAVRIELによるデザイナーズデュオブランド。
2012年にNYで誕生したMANSUR GAVRIELは、イタリアのヴェネト地区の古い職人により、上質なイタリアンレザーを使用し、シルエットにこだわりを持って作られている。
シンプルでありながらクラシカルな雰囲気があり、長く愛用できるクオリティの高さ、美しい色合いが魅力。デビューすると同時に、瞬く間に世界中に広まり、海外では有名人やセレブに絶大な支持を受ける人気ブランド。

 

@MANSUR GAVRIEL

SARA LANZI, SS/19 TRAINING BOOK

 

 

Sara Lanzi SS19 Collection


The mix of prints (mulberry, optical and
macro vichy) is the central theme,
surrounded by a palette of solid colors
Textured and rough cottons dialogue with
fluid viscose and airy muslin

The raffia skirts and the porcellain
earrings cast a glance to Afrika, to its
joyous and playful exuberance

All is interchengeable, a playground of masculine/feminine

manufacturing and fabrics made in italy

 

 

写真 2019-03-16 4 21 03 写真 2019-03-16 4 32 56写真 2019-03-16 4 17 40写真 2019-03-16 4 19 22 写真 2019-03-16 4 20 06

SARA LANZI


Perugia-based designer Sara Lanzi launched her eponymous womenswear line in 2005.
Inspired by raw materials, Lanzi focuses on elevated basics with the expression of a recurring theme she describes as “tensed but feminine.”
In a classic, understated manner, decoration is turned into structure, dashes of color used as an accent, and the grain of fabric as embellishment.
If restraint becomes a creative tool, and subtraction an enriching element, yet the effect is always vibrating, soulful.
There is a crack in SL strictness, and that’s where life, and femininity, gets in.

After completing art studies, Sara trained in fashion by working for Carpe Diem 1+1=3 Company.
In 2005 she launched her eponymous brand and in 2007 she was awarded the first prize by Who’s On Next young talents scouting project, held by Vogue Italia and Altaroma.
She lives and works in Umbria, Italy.

The brand is distributed in about 50 selected shops all over the world.
Production is all located nearby, in Umbria: the relationship with the workshops being an essential part of the activity that wants to keep being deep-rooted in the area.
Every single stage of the enterprise is directly followed out, as a living creature needing for mother care.

 

 

Online —– @biancabrillante 

Instagram —– @biancabrillante

Twitter —– @biancabrillante

 

Off-White 19 “Runner sneakers”

写真 2019-03-18 10 16 27
WHITE RUNNER SNEAKERS Shoes

White sneakers with tone on tone arrow at side. Lace closure.
Red zip tie attached.Material: 80% Leather 20%
CottonColor: Off White White

76,000 + tax

size

-36/ Sold out
-37/ Sold out
-38/ Sold out
-39/ Sold out

Off-White 19 “Runner sneakers”

写真 2019-03-18 10 16 41

MEDIUM GREY Runner sneakers with tone on tone arrow at side. Lace closure.
Red zip tie attached.Material: 80% Leather 20%
CottonColor: MEDIUM GREY

76,000 + tax

size

-36/ Sold out
-37
-38
-39/ Sold out

“Runner sneakers” GREY   

Off-White 19 “Arrow sneaker”

写真 2019-03-18 18 10 28

“ARROW SNEAKER”
Shoes
Black classic sneakers with arrow at side and green details at back. Red zip tie.

Material: 100% Leather
Color: Black White

59,000 + tax

size

-37/Sold out

Off-White 19 “Arrow sneaker”

写真 2019-03-18 18 09 34

“ARROW SNEAKER”
Shoes
White classic sneakers with arrow at side and green details at back. Red zip tie.

Material: 100% Leather
Color: White Black

59,000 + tax

size

-38 / Sold out

写真 2019-03-18 18 37 35

“ARROW SNEAKER”
Shoes
White BLUE classic sneakers with arrow at side and green details at back. Red zip tie.

Material: 100% Leather
Color: White BLUE

59,000 + tax

size

-36

-37 / Sold out
-38 / Sold out

写真 2019-03-18 18 37 11写真 2019-03-18 18 53 33写真 2019-03-18 18 53 50

”営業時間のお知らせ” 2/27 ~3/7

20190225145122_00001

 

 

” 営業時間のお知らせ ”

2/27 (wed)  ~  3/7 (the)

9日間、営業時間が短くなります。

PM 12:00  ~  PM 5:30

5時間半の営業となります。

3/8 (fri)より、通常営業となります。

大変ご迷惑をお掛け致します。

何卒、宜しくお願いいたします。

 

bianca brillante 

 

*3/8より、 通常営業 PM12:00〜 PM8:00

 

LOWNN

写真 2018-11-29 18 41 19写真 2018-11-29 18 41 33

 

Lownn

 

パリで2016年に設立されたLownnは独立したプロジェクトです。( *ルメールの工場を使用して生産されております。) Lownnの服は 都市文化 とその昨日と今日 のさまざまな解釈からインスピレーションションを受けています。

カット、ディテール、加工 には特に気を配っております。すべての 生地は品質を保証するために慎重 に選択されています。

特に評判の高いパンツ、綺麗なシルエットのパンツコレクション。 カジュアル、クラッシックアイテム 全てにマッチ致します。

常にユニークさを追求し、テーマ別の季節コレクションよりも形態と機能に焦点を当て、Lownnは実用的なメンズウェアを創造的かつ実験的なアプローチで再解釈し、時間の証言をします。 

SARA LANZI, 2019 SS

01.bif13.bif09.bif03.bif


欲しくなるドレスがいっぱい! 新進デザイナーのサラ・ランツィとは?

サラ・ランツィは、自身の名を冠したブランドを2005年からひっそりと手がけてきたが、もうすぐファッション界の大物になりそうな気配だ。彼女のメンターで、大きな影響力を持つコム・デ・ギャルソンの川久保玲のおかげで、イタリア人であるサラは、ドーバー ストリート マーケットに専用スペースを与えられているほど。どんなブランドにとっても名誉ある販売スポットだから、新進デザイナーにとってはいうまでもない。

彼女のコレクションは、モダンな女性らしさを感じさせ、たっぷりとしたシルエットにラッフルのディテールのあるものが多い。最新コレクションでは、春仕様の仕立てやジャンプスーツ、アウター(とてもコム・デ・ギャルソン感のある、ふっくらしたティアードコート)をフィーチャーしているが、間違いなく広くアピールする魅力をもっているのは、ドレスだ。どれも、気軽なシンプルさを保ちながら、一風変わったエッジが利いている。

このバランスこそが、まさにデザインの鍵だとサラは言う。

「コレクションは、どんなに繊細で控えめであってもコントラストが必要です」と、彼女。「フェミニンとマスキュリン。厳格さと軽やかさ。詩的と力強さというのが、毎コレクションで私が取り組んでいるトピック。自分のビジョンに自然で、何かをつけ加えるのではなく減らそうとしています。基本的に私のデザインにはシンプルというのが常にあって、たぶん、私はクラシックなのかもしれませんね」

欲しくなるドレスがいっぱい! 新進デザイナーのサラ・ランツィとは?
サラは独学の人だ。実はデザイナーになろうとしていたわけではなく、大学では美術史を学んだ。今ではなくなってしまったイタリアのアバンギャルドなブランドCarpe Diemでたまたま働くようになったのだが、それが自身のブランドを立ち上げるインスピレーションになった。ブランドのエレガントな美学は非常にパーソナルなものだからという理由で、彼女自身がフィッティングモデルを務めている。

「自分を参照することのリスクはわかっています」と、自分がインハウスモデルになる決心をしたことについて、彼女は言う。「でもそのほうが、私自身が何をオファーしているのか、より深く理解する助けになるのです。私のドレスが、自分の本質やパーソナリティをわかっている教養ある女性のためのドレスだと主張できるようになりたいと思っています。実際にはどんな人が買ってくれているのかわかりません。ただ、私の服を選ぶことで、ある視点を私と共有しているのだと思うことはできます」

欲しくなるドレスがいっぱい! 新進デザイナーのサラ・ランツィとは?
サラは、2007年に購入目的でスタジオを訪ねた際に初めて会った「最も偉大なサポーター」、川久保玲に感謝している。インターナショナルな販売店を見つける助けをしてくれたのもさることながら、おそらく彼女が川久保からもらった永遠に残るギフトのひとつは、シンプルなメッセージだろう。

「彼女から明確に学んだことは、自分自身に正直であることから生まれる強さです」。

そのアドバイスがあれば、サラ・ランツィがひどい失敗をすることはないだろう。
( Harper’s BAZAAR )

_1_image_size_630_x2_image_size_630_x

Sara Lanzi

イタリアのウンブリア州ペルージャ出身で独学によりデザインを身に着けた Sara Lanzi は、2005 年に自身のレディースウェア ライン Sara Lanzi をスタートさせると、まもなく高い評価を受け、イタリア版「Vogue」の新進デザイナー コンテストで優勝しました。 Lanzi の仕事のやり方とファッション コンセプトは、ミニマリズムを特徴としています。 未加工の素材を好むランツィは、1 種類のテキスタイルでコレクションすべてを仕上げることができます。 柔らかに流れるシャープなプリーツのような刺激的で触感を重視したテクスチャ技術が、シースルーのワンピースやスカートに神秘的な雰囲気を与える一方、控えめなアクセントが変則的なデザインのボタンダウン
シャツやコートその他の洗練されたセパレーツに個性をもたらしています。

*2019年1月 入荷予定です。詳細はスタッフ迄、お尋ね下さいませ。

REKISAMI, 2019 SS

写真 2018-11-12 18 29 53 写真 2018-11-12 18 30 10

 

 

“REKISAMI”

 

バレリーナとして多くの舞台やコンクールで活躍していた幾左田千佳氏がデザインを手がける「REKISAMI(レキサミ)」。コンセプトは“くずしの美意識”。それぞれのアイテムは人の手によって作業され、固有の価値が与えられている。少しの変化に人は個性を見いだし、着る人は表情を創り出すという理念のもと、伝統的な手仕事やテクニックを活かした、独自の服作りを行っている。

 

 

写真 2018-11-12 18 29 11 写真 2018-11-12 18 28 23

 

*2019年1月 入荷予定です。詳細はスタッフ迄、お尋ね下さいませ。